前へ
次へ

皮膚の悩みは美容外科に相談しよう

30代後半から、40代ぐらいの年齢になると、皮膚のたるみやしわなどが気になってきます。保湿効果の高い基礎化粧品を使用したり、家庭用美顔器を使っているけれど、限界を感じている人が少なくありません。アンチエイジングに関心のある人は、美容外科のクリニックでカウンセリングを受けてみると良いでしょう。ヒアルロン酸注入法やボトックス注射などの、切らない美容整形を行っています。注射器を使って気になる部分に薬剤を注入することで、しわやたるみを改善します。年齢を重ねると、強い紫外線や加齢などの影響でほくろやしみなどが気になってきます。きれいな素肌の人に比べると、老けた印象を与えてしまうので悩んでいる人が少なくありません。美容外科のクリニックでは、ほくろ除去やレーザーによるしみ治療を行っています。小さめのほくろの場合は、炭酸ガスレーザーを使用することが多いです。大きめのほくろの場合は、電気メスを使って切除をしてから、患部を縫合する治療を行っています。

Page Top