前へ
次へ

チークはメイクに欠かせません

メイクをするとき、チークが欠かせなくなりました。チークをほんの少し入れるだけでも、自然な血色がプラスされて若々しい表情を演出できるからです。若い頃はチークを省くこともありましたが、やはりチークを入れるのと入れないのとでは顔の印象が大きく変わってきます。特に年齢を重ねてからは少しでも生き生きとした表情に見せたいので、チークで必ず血色をプラスするようにしています。ちなみに、私が現在愛用しているチークのカラーは、ピーチ系のピンクです。ピーチ系のピンクは淡いピンクよりも元気そうに見えるので、薄く入れるようになりました。また、チークを使うときは塗る場所やつける量にも気をつけています。私は、頬の高い部分から楕円形になるように薄くチークを塗るようにしています。若い頃は丸く塗っていましたが、それでは子どもっぽく見えるので、楕円形を意識して塗るようになりました。また、美容成分が配合されているチークを選んで、時間が経っても頬が乾燥しないように気をつけています。

Page Top